ネイリストになるには

MENU

ネイリストになるには〜OLだった私が働きながらネイリストを目指した訳〜

私は2年前までOLとして東京のオフィス街で働いていました。
でも、今では20代でネイルサロンを自宅で開業し多くのお客様にネイルができるネイリストになりました!

 

実は昔からネイルやおしゃれが大好きで、自分でネイルをするようになってからネイリストに憧れていたんです。

 

でも、ネイリストになるほどの技術はなく大学を卒業してからは無難にOLとして就職し働いていました。
ネイルの勉強もしていないし、ネイリストになっても収入が不安定かも?とネイリストになる前から諦めていました。

 

ネイリストになるには

 

そんな頃、友達の結婚式で久しぶりにネイルをしてもらった時に、自分の指がどんどんキレイになっていくのを見ていてやっぱりネイリストっていいな〜って改めて思いました。

 

その時をきっかけにネイリストになりたいという思いが強くなりました。

 

ネイリストになりたい!と思ってもこのままOLを続けていたらあっと言う間に30代になり、そのうち結婚や出産をするとネイリストになるチャンスがどんどん遠くなる気がしました。

 

ネイリストとして転職するためには、資格を取得して技術を身に付けること・センスを磨くこと・手に職をつけることが必要だと思いました。そのためにはネイルスクールに通うことが一番だと思いましたが、仕事を続けながらスクールに通えるのか?私の収入で通える寝入りスクールがあるのか色々と心配でした。

 

そこでまず私はネイルスクールの資料を請求することから始めました。

 

私が利用した資料請求サイトは「ビューティ資格ナビ」です。

 

この情報収集がネイリストになるにはとても大事な最初のステップだったなと今でも思っています。

 

自分にぴったりのスクールをみつけられたことで、無理なく通いながらネイルの技術を磨くことができました。
もちろん、資格取得にもチャレンジしてネイリスト検定に合格し3年後には自分のサロンを持てるようにまでなりました!

独学でネイリストを目指す?スクールで学ぶ?どっちが良いの??

まず、私はネイリストになりたいと思った時、どうやってネイルの勉強すればいいのかを考えました。
OLになったばかりでまだ収入も少なく貯金も無かった私はく、スクールに通うような余裕は無いと思っていたからです。

 

スクールに通うお金がなければ、自分でネイルの資格が取れる参考書やテキストを見ながら独学で頑張るしかないのでは?と考えました。しかし、独学で本当にネイリストになれるのでしょうか??

 

独学でネイリストを学ぶ人の理由大きく分けると3つあります。

 

料金が高くて払えない
スクールに通う時間が無い
自分のペースで学びたい

 

ネイリストになりたいと思っている人の多くは専業主婦だったり、仕事をしている社会人だったりしますので
自分がスクールに通う時間というのは限られてきます。

 

特に仕事をしていると、夜の時間や休日しかスクールには通えないですよね。
最初から「通えない!」と決めつけてしまうと、独学で学ぶ方法しかないように思ってしまいます。

 

確かにネイリストになるための書籍やネイル検定の試験の対策本はたくさん出版されています。
また、ネイリストになるためには特別な国家資格などは不要ですので、独学でもネイリストとして開業することは可能です。

 

しかし、本当に独学でネイリストになれるのでしょうか?

 

ネイリストになるということ

 

ネイリストになるには

自分がネイリストになって改めて思うのは、ネイリストの仕事は趣味でネイルをするのとはわけが違うと言うことです。
ネイリストと言う職業である以上、プロとしてお客様が希望するネイルをしてお金をいただきます。

 

お客様の要望に応えることはもちろんのこと、プロであればそれ以上の技術でお客様に満足していただくことが大切です。
さらに、お客様の爪が荒れていたりネイルができる状態でなければ、爪のケアから始める必要があります。

 

爪と言えど、お客様の体の一部です。もしもの事があったり、問題が生じたら大変なことになります。
独学で学んだ知識だけで適切な対応ができるのでしょうか?

 

独学のデメリットはもしもの時の対応がわからないこと、人の爪を使って実際にネイルができないことがあります。

 

ネイリストと言う職業は知識だけではなく、実際の施術を体で覚える経験が何よりも大切なのです。

 

もし私が独学でネイルの勉強をしてネイルサロンを開業してもお客様が納得いくようなネイルができなかったりトラブルが起こった時に、適切な対応ができなかったらせっかく開業したネイルサロンも長く続かなかったでしょう。

 

ネイリストになるには

本気でネイリストとして働きたいと思っているのであれば、
覚悟を決めてしっかり学ぶことをお勧めします。
時間や費用については、多くのスクールがありますのその中から通えそうな時間や払える金額を決めて探すようにしましょう!
私もまずは資料請求から始めました。

 

気になるスクールの資料を一括で請求できる「ビューティ資格ナビ」はとても便利でおすすめです!!

 

ネイリストになりたいなら自分に合った学習スタイルを見つけよう

ネイリストになるためには独学では難しいことをお伝えしました。

 

でも、時間が無い・お金に余裕が無い・近くにいいスクールが無いなど人それぞれ学べる条件が違います。
まずは、自分に合った学習スタイルを考えてみましょう

 

学習スタイルとして

通学講座スタイル

通信講座スタイル

が有ります。

 

どちらの学習スタイルでも目指せる資格は同じですが、それぞれ特徴がありますので
どちらが自分にとって無理なくネイリストになれるかを比較しながら見つけることが大切です。

 

通学講座スタイルでネイリストを目指す

時間に比較的余裕があり、短期間でネイリストになりたい場合は通学スタイルをお勧めします。

 

決まったスケジュール通りにスクールに通い、プロのネイリストや講師の方から直接指導を受けることができますし、同じスクールに通う生徒どうし切磋琢磨しながらレベルアップを図ることができます。

 

週に数時間でもスクールに通う時間があれば通学スタイルが効率よくネイリストになれます。

 

また、スクールによってはフリータイム制での受講が可能ですので、自分が通える曜日や時間を予約することで、無理なく通う事ができますよ!

 

ネイリストになるには

 

 

プロのネイリストや講師の先生から直接指導を受けられる


同じクラスの受講生と仲良くなり一緒にネイリストを目指して頑張れる


休んだ時の振替やフリーレッスンなどのサポート体制が充実している


<人気の通学講座>
 1位「ヒューマンアカデミー」→全国にスクールがあるので転勤があっても違うスクールに転校ができる
 2位「クラスタイル」→ネイルサロン直営のネイル専門校でプロの技術が学べる
 3位「イルミネージュネイルスクール」→少人数制・個別指導で無理なく通える

 

「ヒューマンアカデミー」ネイリストコースを利用した人の口コミ

 

 

プロフェッショナルコースを受講しました。
先生からプロとしての意識と高い技術をたくさん教えてもらいました。

 

クラスメートとの絆も深まり、卒業してからも連絡を取り合っています。

 

開業や就職の相談も気軽にできるので良かったです。


 

 

ヒューマンアカデミーは受講するときの教材やネイルキットが豪華ですごくやる気になります!!

 

他のスクールの教材よりも内容が濃く、ネイルキットも必要な物が全て揃っていました。
おかげでネイルの練習も楽しくて、自主練や受講生同士でネイルをし合ったり、授業以外でもたくさん学ぶことができました。

 

スクールに通って良かったと思います。


 

 

ヒューマンアカデミーは全国に教室があるので、もしも主人の転勤が有っても他のスクールに振替えて受講ができるので便利です。

 

家族の都合でしばらく通えなくなっても、1年間は休学ができるので
出産や病気をしても安心して休むことができます

 

やはり大手のスクールは保証やサポートが違いますね。


 

通信講座スタイルでネイリストを目指す

仕事をしていたり、子育て中でどうしてもスクールに通う時間が無い。
住んでいる場所の近くで通えるスクールがない。

 

と言うようにどうしてもスクールに通う事ができない人には通信講座スタイルがおススメです。

 

自分で学習の時間を決めることができますし、時間をかけてじっくりとネイリストを目指す事もできます。
通信講座でもしっかり学べるようにDVDでの授業や充実したネイルキットが付属しています。
また、定期的にスクーリングに行くことによって、プロの技術を間近で見る事も出来るんです!

 

添削課題などもありますので、自分の技術の上達をきちんと見てもらい講師の先生からアドバイスももらえます。

 

ネイリストになるには

 

 

自分の好きな時間に自分のペースで学習することができる


DVDなど肉眼で見るよりも鮮明で分かりやすい教材が揃っている


添削システムで何度でも納得するまでレベルの確認ができる


<人気の通信講座>
 1位「たのまな」→コースが充実しており、全国のスクールでスクーリングができる
 2位「クラスタイル」→プロショップが完全バックアップ。ネイルキットがネイリスト価格で購入できる

 

通学講座にしても、通信講座にしてもそれぞれのスクールによって特徴も費用も違います。
まずは「ビューティ資格ナビ」でネイルスクールのパンフレットを一括で請求して、比較してみてください!

 

 

 

ビューティー資格ナビの一括資料サービス(無料)はこちらをクリック

 

 

働きながらネイリストになるには〜フリータイム制のスクールで資格取得を目指そう〜

ネイリストになるには

私は貯金が無かったので仕事を辞めてスクールに通う余裕はなく、働きながらネイルスクールに通いました。
どうしても仕事が忙しく休み不規則な人や仕事帰りが遅い人などは通信講座を選択しても良いと思います。

 

でも、少しでも早くネイリストになりたいのであれば通学スタイルをおススメします。
通学スタイルのスクールの中でもおススメなのが「フリータイム制」を取入れているスクールです。

 

フリータイム制とは

 

フリータイム制の授業は自分の好きな曜日・時間に予約をいれてスクールに通うことができます。

 

直前に予約しても大丈夫なネイルスクールが多く、仕事が休みのときや早く帰れる日などに予約を入れて
スクールで授業を受けることができます。

 

特に少人数制のクラスでフリータイム制を導入しているので、ほぼ個別授業のように講師の先生が一人ひとりにしっかりと教えてくれます。

 

働きながらでもネイルスクールに通う事ができ、また資格取得に力を入れているスクールも多いので無理なく資格取得にチャレンジできます。
土曜日集中コースでみっちりネイルを学ぶことができるスクールもありますので、自分のライフスタイルに合わせて無理なく働きながらネイリストを目指す事ができますよ。

 

ネイリストになるには

 

 

20代OLの私が費用をかけずにネイルリストを目指す!!

なるべく安い費用で自分にあったネイルスクールを選ぶ!これが20代のOLだった私がネイリストになるために必要な条件でしたので、情報収集には手間をおしまずしっかり行いました。

 

ネイリストになるには

資料請求は簡単に請求できて、2〜3日もするとネイルスクールからパンフレットが届きました!!

 

でも、だた見ているだけだとなかなか違いが分かりにくかったので、私はネイルスクールの授業時間、費用、割引クーポンの有無、といった感じで項目を作りノートにまとめながら比較して行きました。

 

どうしても、1つ1つの学校をチェックするだけでは学校同士の特徴を比較しようと思っても、なかなか整理できません。
ノートにカンタンにまとめて見ると費用面での比較、授業時間での比較など自分に希望するネイル講座を見つけることができました!

 

ネイルスクールの比較をしながら感じたのは、ネイルスクールが目的や費用によって
いろいろな選択肢があると言う事です。

 

フリータイム制という必ず決まった時間に通わないのでは無く、ライフスタイルに合わせた受講方法もある。
学費の支払いも、一括のみではなく、ローン払いや月賦払いど言った方法もある。
資格を取りたい!目的が明確になっているものは学費が意外と安く済むこと。

 

改めて見ていくと、むしろネイルスクールは働いている人や転職をしたい人向けのスクールが多いことが分かりました。

 

しっかり勉強をして色々なネイルの資格を取ってネイルサロンへすぐにでも就職したい人や、とりあえず必要な資格だけをとって費用を安く抑えたい人に向けた講座など選択肢は様々です。

ネイリストになるには

 

私は出来るだけ仕事に支障がなく、費用をかけずにネイリストになれることを第1の目的としました!!

 

そしてもう一つ、資料請求をしてみて発見して事があります。

 

資料請求をすると、一緒に割引クーポンや割引のための案内が入っていることが多いんです。

 

これはタイミングにもよりますが、だいたいA4サイズでパンフレットとは別の紙で印刷されています。
安い費用でネイリストになるには、このクーポンは見逃がせません!

 

A4の紙1枚ですので見逃しやすいですが、入学金の割引だったり、授業料の割引だったり数万円レベルで費用がお得になります!パンフレットが届いたら注意してチェックして見てください!!

 

転職してネイリストになる為の資格の選び方

 

パンフレットで受講生の言葉や、先輩ネイルスト、講師の先生のアドバイスなどをよく読んで行くと
費用をかけずにネイリストになるには、資格を取るのが一番早いことに気が付きました。

 

実はネイリストになるには美容師のような国家資格は必要ではありません。
そう、技術と知識があればネイリストになれるのです。

 

しかし実際ネイルサロンが出してる求人には「ネイル検定2級以上取得」と書かれています。
ネイルサロンも資格のない初心者にネイルをさせる訳には行きませんし、1から教えるよりも資格を持っていてすぐに働ける即戦力が欲しいのは当たり前ですよね。

 

学ぶ私達としてもネイルの資格を取る為の勉強をする事で、ネイリストになる為に必要なことを
すべて学ぶことが出来ます。

 

そこで、私は費用を安く抑えながら必要なネイルの資格を取ることを決意しました!!

 

ネイルの資格には主に「JNECネイリスト検定」と「JNAジェルネイル技能検定」が有ります。

 

JNECネイリスト検定とは「ネイリストとしての技術を確認する」為の資格で、ネイルのケアからカラーリング、ネイルアートの技術などネイリストとして必要な知識と技能を習得すための資格です。

 

1級を最高とし、2級、3級の3段階に分かれていて以下のような知識と技術が必要となります。

 

1級 トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識
2級 サロンワークで通用するネイルケア・リペア・チップ&ラップ・アートに関する技術及び知識
3級 ネイリストベーシックのマスター。ネイルケア・ネイルアートに関する基本的な技術及び知識

 

JNAジェルネイル技能検定は今とても人気がある「ジェルネイルのテクニックを確認する」為の資格で、初級・中級・上級の3段階となっています。
ジェルネイルの様々なテクニックやカラーリングを習得するための資格ですので、筆記はもちろんのこと実技の勉強も必要です!

 

理想としては、「ネイリスト検定1級」と「ジェルネイル上級」を取得した方が良いのですが、
その為には長期間ネイルスクールに通う必要もありますし、受験費用などもかかってきますのでそれなりの金額がかかります。

 

 

まずはネイリストとして就職する最低条件である「JNECネイリスト検定 2級」
と「JNAジェルネイル技能検定 初級」の取得を目指しましょう!!

 

その後、時間と費用に余裕があれば「JNECネイリスト検定 1級」や「JNAジェルネイル技能検定 中級」の取得を目指しても良いですし、ネイルサロンに就職しながら技術を学び、独学で1級取得を目指しても良いでしょう。

 

 

ネイリストに転職したい!ネイルサロンへの就職率ってどのくらい?

ネイルスクールに働きながら通っていましたが、目標はネイリストとして転職する事です。
ネイリストに転職するためには資格取得が大切ですが、実際ネイルスクールに通っている人たちの就職率はどのくらいでしょうか?

 

働きながらネイリストを目指していた私によって転職は大きな問題です。できるだけ就職率の良いスクールに行きたいと思い調べてみました!

 

実際、各スクールの就職率は80%〜90%以上とばらつきがあります。
どのスクールも就職活動には力を入れていますので、インターンシップや直営のサロンでサロンワークを学ぶなど就職に有利な活動を行っています。

 

また個人面接や履歴書の書き方、提出用のネイルチップの作成などもサポートしてくれますので、本気で就職したいと考えている人はほぼ就職できると言っても良いでしょう。

 

スクールに通う生徒の中には趣味で習っている人や、すぐに転職できない人、子供がまだ小さくて就職が無理な人などもいますので、その分スクールの就職率は下がりますがそれでも就職率80%以上はすごいと言えます。

 

各ネイルスクールの就職率

 

ヒューマンアカデミー  就職率 87%

ネイルスクールの中でも全国にスクールがあり、実績も多い「ヒューマンアカデミー」
コースも充実しているので、就職だけでなく趣味やセルフネイルが目的の人も多く通っています。

 

ヒューマンアカデミーには「就職部」と言う、就職専門の部があり就職活動を徹底的にサポートしてくれます。

 

ヒューマンアカデミーの口コミ・評判はこちら

 

ヴィーナスアカデミー 就職率 98.5%

 

ネイルサロンに就職したいと思っている人が多く通っているビーナスアカデミー
ネイルだけでなく、ヘアーメイクやアドバイザーなど多くの職種を取り扱っています。

 

就職活動は1年間にわたって計画されていますので、無理なく自分のやりたい仕事に就くことができます。

 

ヴィーナスアカデミーの口コミ・評判はこちら

 

黒崎えりこネイルビューティカレッジ 就職率 100%

 

開業率 業界トップクラス!
ネイルサロンへの就職からホームサロン開業まで、卒業後に働く道が多いのが特徴!
卒業生が開業したネイルサロンから求人が来ることも多く、信頼が高いため働きたい場所に就職できます。

 

個別就職相談や出産や育児が終わった後の再就職などもサポートしてくれる無期限サポートが人気です。

 

黒崎えりこネイルビューティカレッジの口コミ・評価はこちら

 

転職や就職には資格取得は必須!でもネイル技術やセンスも大事!

ネイリストになるには

 

ネイルスクールに届く求人票にはネイリスト検定2級、ジェル検定初級取得者歓迎と言う記載も多いので資格取得は必須と言えます。しかし、資格取得だけではなく実はネイルの技術やアートのセンスも必要です!

 

就職面接の時に自分で作ったネイルチップを持参するサロンもありますので、事前にスクールでしっかりネイルチップの練習ができたり、先生の指導が受けられるネイルスクールは魅力の一つですよね。

 

人気ネイリストになるにはサロンだけではなく、ブライダルや雑誌撮影など幅広く活動する事も大切ですので、基礎だけではなく応用技術も習得できるジェルネイル上級の取得を目指すのも良いでしょう!

 

各ネイルスクールの就職対策や就職率、実際の就職先を詳しく知りたい時はビューティ資格ナビの一括資料請求がおススメです!

 

 

ビューティー資格ナビの一括資料サービス(無料)はこちらをクリック

 

ジェルネイルがおしゃれ!ネイリストになりたいなら資格を取ってジェルネイルをマスターしよう

ネイリストになるには

昔からあるネイルはマニキュアですが、今若い人たちの間で流行っているのが「ジェルネイル」です。

 

専用の溶剤を使って落とす事ができる「ソフトオークジェル」が登場したことで、一気にブームとなりました。
一般的なマニキュアの場合、10日もしないうちに爪先や根元の方から剥げてくるのですが、ジェルネイルの場合2〜3週間は持つのでとても経済的で長くおしゃれを楽しむことができます。

 

さらに爪の強度もアップするので、薄い爪の人でもキレイに伸ばす事ができるのも魅力です。

 

最近ネイルと言えばジェルネイルを指す事も多くなり、ネイルサロンのお客様でもジェルネイルを希望する方がほとんどです。

 

ネイリストとして転職するためには、ジェルネイルの技術を習得することが必須だと考えています。
ジェルネイルでお客様のご要望に応えられるようなセンスあるネイルができること、そしてジェルネルを除去する適切な方法などもしっかり習得しましょう。

 

ネイルをする方は今までのジェルネイルを除去してから、新しいジェルネイルをしますので除去の方法もしっかり身に付けておかないと施術は出来ません。

 

今では多くのネイルスクールがジェルネイルの講座を開いていますし、日本ネイリスト協会が主催する「JNAジェルネイル技能検定試験」に合格するための対策講座もあります。

 

まずはネイルスクールでジェルネイルの資格を取得する事から始めるのがネイリストになるための近道でしょう。

 

ジェルネイルキットを上手に使うには

 

JNAジェルネイル技能検定試験 とは?

 

JNAジェルネイル技能検定試験は「NPO法人日本ネイリスト協会」が主催していネイルの技能試験です。
お客様が安心して施術を受けられる健全なジェルネイルの普及を目的として実施されている検定試験ですので、就職してからのサロンワークで必要な理論と技術の修得ができているかを問う試験でもあります。

 

JNAジェルネイル技能検定試験の特長

安心できる技術の証

プロネイリスト必携

全国で10万人以上が取得

サロンメニューの60%以上がジェルネイル

 

JNAジェルネイル技能検定試験は「初級」「中級」「上級」の3つに分かれており、それぞれ基準が決まっています。
まずは初級取得を目指して学習することで、ジェルネイルの基本的な知識と技術を習得することができます。

 

JNAジェルネイル技能検定試験 各級の基準

初級 ネイルケアのベーシックマスターとジェルネイルを施術するために必要な基礎的知識と技術の修得

中級 ネイルケアとジェルネイルを施術するためにプロとしてサロンワークに必要な専門知識と技術の修得

上級 ジェルネイルのスペシャリストとして必要とされる総合的知識と技術の修得

 

まずはネイルスクールでJNAジェルネイル技能検定試験の対策講座をしているかどうかを調べてみましょう。
さらに、日本ネイリスト協会の認定校であるかどうかもチェックのポイントです。

 

認定校であれば検定試験で実際に試験官をしている本部認定講師・認定講師から直接、採点のポイントや、注意点などの指導を受けることができますし、通っているネイルスクールで受験することも可能です。

 

多くのネイルスクールが合格までサポートをしていますので、もし合格できなかったとしても卒業後まで受験勉強ができるスクールもあります。

 

プロのネイリストになりたいなら「JNAジェルネイル技能検定試験」の初級から中級の合格を目指しましょう!

 

JNAジェルネイル技能検定試験対策コースのあるネイルスクールを探すなら「ビューティ資格ナビ」で一括請求が便利ですよ。

 

ビューティー資格ナビの一括資料サービス(無料)はこちらをクリック

 

ネイリストの年収ってどのくらい?独立開業とサロン就職の違いは?

働きながらネイリストになりたいと頑張って居る人も多いと思いますが、実際本当に今の仕事を辞めて転職でネイリストになった場合収入やお給料はいくらぐらいなのか気になりますよね。

 

いくら好きな仕事とはいえ、今よりも収入が減るのは大変ですし、ネイリストになるための受講費用や消耗品の購入などいろいろお金がかかっていますので、できればそれなりの収入が欲しいと考えるのが当然です。

 

私もOLの時の収入より減ってしまうのではないかと心配だったので、転職するときには求人情報などネイルスクールに届く資料で比較していました。

 

そんな私が気になるネイリストの一般的な年収をご紹介します。
ぜひネイリストとして転職するときの参考にしてください!

 

ネイルサロンに就職した場合のお給料・年収は??

ネイルサロンに就職した場合、大手チェーン店に就職するのか街の小さなネイルサロンに就職するのかによってお給料は違ってきます。

 

また、正社員で働くかアシスタントなどパートやアルバイト的な感じで働くかによっても金額は変わります。

 

実際、スキルや経験・年齢に寄ってもまちまちではあるのですが、大よそ正社員の場合の平均月収は
15万〜17万円程度から始まることが多いようです。

 

年収に換算すると約300万円程度ですので、年収が高い方と言う訳ではありません。
会社員として就職した場合、初任給も15万円程度ですのであまり変わらないと思っても良いでしょう。

 

しかし、ネイリストの場合お給料は実力や指名客の人数などでアップすることがほとんどです。
20代であっても技術力があったりセンスが良いと指名されることが多くなります。
多くのお客様を担当することで指名料が入り、収入が増えることになります。

 

そのためにも多くのお客様を担当し、気に入ってもらえるようネイルの腕を磨く必要があります。

 

福利厚生や待遇についてもサロンによって違いはありますが、大手サロンであれば社会保険はもちろんのこと、資格取得支援や独立支援などの制度もありますので将来のことを考えて求人情報などをチェックするようにしましょう!

 

もし、パートやアルバイトで働く場合、時給900円〜1200円が一般的です。
学生や主婦が働くのであればいいのですが、ネイリストのお給料だけで生活するのであればサロンを掛け持ちしたり、他のバイトをしている場合もあります。
できれば正社員として雇用してもらえるように就職活動や資格取得に力をいれて下さい。

 

転職してもっと年収があがるネイリストになるには

ネイリストは何よりも技術やセンスが問われる仕事です。

 

一度施術したお客様に気に入ってもらうことができたなら、固定客となり自分への指名が多くなります。
指名が多くなると売り上げも伸びますので、お給料が増えて行きます。

 

まずは多くのお客様に施術をして技術やセンスを磨き、また気の利いた会話や
気持ちの良い接客をすることでお客様に自分を指名してもらえるようになりましょう。

 

お客様にダイレクトメールを送ったり、アフターケアーを無料で行ったりちょっとしたフォローや気遣いが指名に結び付きます。

 

今、おしゃれとしてネイルをする女性は増えていますのでネイリストの需要は多いと言えます。
しかし、その分ネイリストになりたいと思っている人も増えてきていますので、指名をしてもらえるような工夫や技術・センスを磨きましょう!

 

さらにネイルサロンで経験を積んだ後、自宅などで独立・開業することもできます。
ネイルサロンで多くの指名が入り固定客がいる状態で独立すれば、独立後は自分のサロンに通っていただけます。

 

ネイルサロンの経営者になることで、お給料よりも収入が高くなる可能性はありますよ。

 

独立してネイルサロンを開業した時の収入は?

 

独立した時にどのくらいのお客様が通ってくれるのかによって、サロンの収入は違ってきます。
自分一人でお店を持っても良いですし、経営者として数人のネイリストを雇って大きなネイルサロンを経営すると言う方法もあります。

 

収入は一概には言えませんが、繁盛店になれば高収入が見込まれるでしょう。
私は自宅で開業しているので、それほど費用は掛かっていませんが逆に一人なので施術できるお客様の数も少なく収入はそれほど多くは有りません。
しかし、常に予約が入りリピートのお客様が多いので、ネイルサロンに就職するよりも年収は多い方です。

 

もし、ネイルサロンを開業してスタッフを雇った場合の収入をご紹介します。

 

【ネイルサロンの例】

・ネイルサロンの客席数3席

スタッフを3名雇用

項目

収入

支出

売上高 1日10名×30日 単価5500円 1,650,000円  
人件費 1名あたり20万円   600,000円
店舗代 場所や広さによって違います   150,000円
水光熱費   30,000円
通信費   40,000円
材料費 ネイル用品・その他備品   200,000円
広告宣伝費   50,000円
金融機関等への返済   100,000円
合計 1,650,000円 1,170,000円

 

このように毎日10名のお客様が30日来ていただけると考えれば、480,000円の収益となります。
ネイルサロンの1年間の収入(年収)は約2000万円となり、収益は500万以上となります。

 

一人でネイルサロンを開業した場合はスタッフの給料を支払う必要は有りませんが、その分お客様の数も少なくなります。自分一人で対応できる人数、単価、経費などを考え、収益が上がるように規模や営業日数などを決めましょう!

 

ネイルサロンに就職する場合も、自分でサロンを開業する場合も必要となるのは技術とセンスです!
技術をセンスを同時に磨くために効果的なのが資格取得です!

 

資格取得の勉強をすることで知識も技術もセンスも磨かれて行きます。

 

ネイリストとして収入を多くするにはしっかりとネイルの勉強をして、多くの技術と知識を身に付け
たくさん練習することでセンスを磨きましょう!!

 

ネイリストになるには

 

 

20代OLだった私が費用をかけずにネイリストになるには〜まとめ〜

ネイリストになるには、まず自分がどこまでを目指してネイルの勉強をするかを
検討しましょう。それによって、取得する資格やスクールを選択する事が出来ます。

 

ネイリストになるには独学では厳しい!通学講座か通信講座か自分のライフスタイル

に合わせた学習スタイルをみつけましょう!

 

パンフレットは出来るだけたくさん請求して、スクールの特徴や費用、

取得できる資格の種類をしっかり比較しましょう!!

 

ネイルスクールのパンフレットには割引クーポンが入っています!!

紙切れ1枚の広告だったりするので注意してください。
5万円相当の割引のものもありますよ!

 

 

ネイルのプロになりたいなら、検定合格の実績が豊富で就職率の高いネイルスクールを選びましょう。

「ビューティ資格ナビ」ならプロ志向のスクールが網羅されています!!

 

 

 

ビューティー資格ナビの一括資料サービス(無料)はこちらをクリック

 

 

 

ネイリストになるには